HOME > お知らせ > 2015/11/26

三江線の存続を求める要請行動

党島根県連合と党広島県連合は、11月26日、党全国連合党首吉田忠智参議院議員と共にJR西日本本社を訪ね、島根県江津市と広島県三次市を結ぶJR三江線(全長108.1キロ)の存続を求める要請行動を行ないました。

中見出し

要請行動は、11月18日党島根県連合が、島根県知事とJR米子支社に同様の要請をしたのを受けてJR西日本本社にも行ったものです。
要請行動には、両県党役員9名が参加しました。冒頭、吉田党首から「社民党は憲法擁護、雇用の確保など重要な政策としているが、公共交通を守ることも課題として取り組んでいる。地域の声をしっかり受け止め存続してほしい」と挨拶。

中見出し

要請内容について江角敏和党島根県連合副代表(浜田市議会議員)が説明をして「『地域との共生』を図る為にも存続されたい」と強く求めました。
要請に対して、JR西日本本社総合企画本部坪根英慈部長は「新聞紙上などで心配を賭けている。三江線を廃止するとは言っていない。沿線自治体や沿線住民のみなさんと一緒になり、これからのふさわしい交通体系を議論させていただきたい」とJR西日本本社の考えを述べました。
要請行動には、三江線を守る会(会長山本誉島根県議会議員)も同席、存続を求める要請行動が行われました。

問い合わせ先
社民党島根県連合
〒690-0056 島根県松江市雑賀町163桜井ビル2F
TEL:0852-21-6360
FAX:0852-26-5373

社民党島根県連合
〒690-0056 島根県松江市雑賀町163桜井ビル2F
電話:0852-21-6360