HOME > お知らせ > 2016/11/07

2016/11/07

細田実幹事長4選!議会制民主主義の機能強化を図る

雲南市議会議員選挙 無投票当選 11月6日告示、13日投票の雲南市議会議員選挙(定数22人)は、定数どおりの立候補となり社民党公認で立候補した党県連合幹事長細田実候補は当選を果たし4期目の活動を始めた。

尚、同時に行われた市長選挙も、現職速水雄一市長のみの立候補で無投票当選となった。

 今回の選挙、無投票になるのでは、という状況であったが告示前になり数名が立候補の動き出てきて、少数激戦の様相と思われたが無投票となった。

 細田実候補は6日午前10時30分より出陣式、その後、第1声を候補の地元集会所付近で100人を前に行った。角智子県議会議員、社民党県連合代表福原宗男益田市議会議員が応援弁士を行い細田実候補が政策を訴えた。

 午後5時、無投票当選が決り急きょ午後6時より「当選報告会」が開催。花束贈呈後、新田啓治後援会長挨拶、自治労県本部、地元自治会等からお祝いの挨拶に続き、社民党を代表して福原宗男県連代表がお礼の挨拶を行った。

 当選を果たした細田実議員から「立候補表明以来大変お世話になりありがとうごさいました。今後ともよろしくお願いします。市長、市議会議員ともに無投票での選出となり、さまざまな課題も生まれていると思います。いずれにしても日本の政治の基本である議会制民主主義がしっかり機能するよう、課題をはっきりさせ取り組んで行きたい」とお礼と決意を述べた。

 党総支部としても、細田議員と共に、人口減少問題、原発再稼働問題、地域医療など山積みする課題を自治労をはじめ支援団体とも連携を取りながら運動を進め行く。

 10月29日に行われた事務所開きには、亀井亜紀子元参議院議員、山本誉県議会議員をはじめ自治労関係者、地元自治会など70人が参加して開催された。

社民党島根県連合
〒690-0056 島根県松江市雑賀町163桜井ビル2F
電話:0852-21-6360