HOME > お知らせ > 2017/08/04

2017/08/04

反核平和の火リレー県内410キロ250人走破

島根県青年女性平和友好祭実行委員会主催による『第31回 島根県反核平和の火リレー』が、8月4日 最終地である島根県庁に到着した。

 この反核平和の火リレーは、「語り継ごう 走り継ごう ヒロシマの心を」をスローガンに、平和の原点であるヒロシマ平和公園に燃え続ける「平和の灯」をトーチに採り、県内を走り継ぎながら、各自治体(隠岐郡を除く)に対し、「核廃絶と平和行政の推進」「日本の原子力政策の転換と脱原発社会の実現」などの要請を行なうなかで、反戦、平和の尊さを県民のみなさんに訴えていくもの。

 今年は、7月28日 津和野町を出発し、8月4日 松江市まで県内15市町 171区間 410.5㎞を、のべ250人のランナーで走り継いだ。

 社民党島根県連合としては、ランナーやスタッフとして参加するとともに、島根県庁をはじめとする自治体要請行動において、議員団から激励の挨拶を行なった。

 原爆投下から72年が経った今なお、被爆者やその後世代の心と身体を苦しめ続けている。一方、被爆者の平均年齢は80歳を超え、高齢化とともに被爆の実相の風化も懸念されている。

 被爆の実相を風化させず、「核と人類は共存できない」という教訓をたくさんの人々に広げていくとともに、再び核の惨禍を繰り返さないために反戦・反核・平和運動を前進させていかなければならない。

社民党島根県連合
〒690-0056 島根県松江市雑賀町163桜井ビル2F
電話:0852-21-6360