HOME > 議会報告一覧 > 益田市議会議員 松原 義生

益田市議会議員 松原 義生

議会報告

NEWS No.30

一般質問

2008年 10月 15日 松原義生市議の一般質問(7)

小・中学校印刷機導入に市外業者が特例落札 教員委員会の入札疑惑にメス

1.市が調達する物品の入札制度について

2.国民健康保険税滞納者について

3.市長の市政運営について

松原議員

市長は、所信表明で、市職員が現在の半分でもやっていける新しい自治体運営の仕組みを市民と一緒につくると訴えた。つまり、「思い切って半分にする」という発想が重要で、そこからどうするかを考えるべきと述べている。市長の思いが優先し、ひとり歩きしている。
市長の考えが15年から20年という長いスパンのものであったことが市民に十分伝わっていたのか疑問である。

市の重要な政策を論じるときに、その政策の妥当性について、現在の業務の状況、あるいは市勢の状況を把握し、それを根拠に市民に訴えるということが必要である。
市長は公人であり、私が決めたではなく、十分周りの人の意見を踏まえて、市の意思として方針を決定されるべきである。

◆職員の半減については、マニフェストと同じと言っていた。マニフェストあればちゃんと根拠が、数的にも、社会的状況にも触れて積み上げておらねばならず、期間については撤回した。なぜ、簡単に変えたのか。 石西タイムス

問い合わせ先
社民党島根県連合
〒690-0056 島根県松江市雑賀町163桜井ビル2F
TEL:0852-21-6360
FAX:0852-26-5373

社民党島根県連合
〒690-0056 島根県松江市雑賀町163桜井ビル2F
電話:0852-21-6360